肌トラブルからお肌を守るために

年齢と共に、肌を形成するコラーゲンや保水成分であるヒアルロン酸は減少してしまいます。
その結果、肌の潤いがなくなり、乾燥しやすくなります。
若いときよりも年を取ると乾燥を感じる人は多いはずです。
またその結果、小じわが増えるなどの肌トラブルが生じてしまいます。
そんなお肌の乾燥を防ぐ対策として、まず大切なことは洗顔の仕方とその後のスキンケアです。
顔を洗うときには、熱い湯は使用しないようにします。
熱湯は肌に必要な脂分までも取り除いてしまいます。
そして洗顔後はできるだけ早く、化粧水をつけてあげることが何より大切です。
化粧水には保湿成分が多く含まれており、洗顔で脂分がなくなっている肌は一刻も早く潤いが欲しいと訴えています。
たっぷりの化粧水を優しく顔全体になじませて、必要に応じて美容液などで気になる部分をさらにケアしましょう。
肌に潤いを与えるためには、減少しているコラーゲンを積極的に補うことが大切です。
コラーゲン配合の化粧品を使用するほかに、サプリメントやドリンク剤なども活用するとよいでしょう。